NEWS

READ MORE

ST [サステイナビリティ観光学部]
(設置構想中)

「持続可能な社会の実現」
「グローバル・最先端・サステイナブルな観光」
のための人材育成

学部の学びについて

私が育ったこの地域を、
世界に伝えたいと思った。

私たちは今、資源の枯渇、環境汚染、気候変動など、地球規模の大きな問題に直面しています。そこで、将来世代も安心して暮らせる持続可能な社会づくりを研究する「サステイナビリティ学」と、人の流動が激しい現代に経済的・文化的に影響を与える「観光」の両面から学ぶことができるのがサステイナビリティ観光学部です。
持続可能な社会はあなたが住んでいる地域や好きな地域の自然・歴史・文化を発見し、それらの資源を守りながら発展させていくことから実現していくことができます。本学部では調査研究やデータ分析のスキルを強化し、世界中から集まる同志とともに様々な国や地域の社会問題に取り組むことでSDGsの達成に向けた視点や能力を身につけることができます。国内外の現場での「課題解決型学習」を多く取り入れ、実践を積み重ねることで「理論」 と 「実践」 を併せ持つ学問的実務家に成長していくことができます。12カ国・地域から集まる本学部の教員は、経済協力開発機構(OECD)や国連世界観光機関(UNWTO)、日本政府等での豊富な経験を持ち、環境・観光・国際協力・まちづくり・ICT分野のスペシャリストとしてあなたの学びをサポートします。

観光学の国際的な教育・研究連携のネットワークの一員に。
国連世界観光機構(UNWTO)の関連組織であるUNWTO Themis Foundationが実施する観光教育機関向けの認証制度、
UNWTO.TedQual(Tourism Education Quality)の認証を取得しました。

※設置計画は予定であり、変更となる場合があります。

学部長からのメッセージ

サステイナビリティ観光学部
学部長(予定)

李 燕 教授

変化が加速する現代社会を生きるためには、あらゆる状況に対応できる力を身につける必要があります。それは考える力であり、行動する力であり、多様な他者と協働する力でもあります。本学部は現代国際社会を生き抜く力を鍛えるカリキュラムになっています。ぜひ本学部で学び、「APUで学んだ人たちが世界を変える」を実現してください。

9つの専門科目群から
自分にあった学びを深められる!

  • 国際開発 INTERNATIONAL DEVELOPMENT
    社会学、人類学、経済学、政策学などの視点から、世界の貧困や開発問題を学ぶ
  • データサイエンスと
    情報システム DATA SCIENCE & INFORMATION SYSTEM
    課題解決に必要となる基礎的なデータ分析スキルやITスキルを身につけ、専門分野への応用を行う
  • 観光学 TOURISM STUDIES
    経済、社会、歴史、文化などの側面から学びの基礎となる観光学を深める
  • 考えられるキャリア

    • ・国際機関職員
    • ・国際NGO・NPO職員
    • ・国際金融機関
    • ・総合商社
  • 環境学 ENVIRONMENTAL STUDIES
    自然や社会、経済、教育の側面から学びの基礎となる環境学を深める
  • 地域づくり REGIONAL DEVELOPMENT
    観光地を中心とした持続可能な開発や地域デザインについて学ぶ
  • 観光産業 TOURISM INDUSTRY OPERATIONS
    観光を産業としてとらえ、観光産業の分析、観光における新製品の創出、マーケティング方法を学ぶ
  • 考えられるキャリア

    • ・国家公務員・地方公務員
    • ・不動産ディベロッパー
    • ・鉄道会社
    • ・観光地域づくり法人(DMO)
  • 資源マネジメント RESOURCE MANAGEMENT
    循環型社会、エネルギー、気候変動を中心に社会においての環境・資源の適切なマネジメントを学ぶ
  • 社会起業 SOCIAL ENTREPRENEURSHIP
    社会課題を解決するNGO/NPOや社会的企業の経営、プロジェクトマネジメントなどについて学ぶ
  • ホスピタリティ産業 HOSPITALITY OPERATION
    ホテルやリゾートに焦点を当て、これからのサービス業のマネジメントについて学ぶ
  • 考えられるキャリア

    • ・ホテル業界
    • ・航空会社
    • ・フードサービス
    • ・エンターテインメント

学部の特色

「現場での実践」に取り組むことで得られる学び。

以下は実績のある事例、今後さらに開拓予定。
□フィールドスタディ
・「Heritage Tourism in Urban and Rural Landscapes」 (実習地: イタリア、スペイン)
・「国際機関の役割と活動」 (実習地: スイス、フランス、東京)
・「持続可能な地域の価値づくり:長野県飯田市における調査」 (実習地: 長野県)
・「グローバル・リサーチ」(実習地:上海、ソウル、ストックホルム、バンクーバー)
□機関・企業・地域との連携
・国際機関(OHCHR, ILO, OECD, IEA , UNWTO, FAOなど)
・企業連携(インターコンチネンタルホテル、杉乃井ホテル、日本航空、全日空、大分合同新聞社、大分銀行など)
・地域連携(大分・別府、国東世界農業遺産、北九州、佐賀県有田町、阿蘇くじゅう国立公園・環境省など)

READ MORE 学部の詳しい情報はこちら ST[サステイナビリティ観光学部](本学サイト)