NEWS

READ MORE

STUDENT INTERVIEW

学びを実践する機会が豊富だった
4年間で理論や知識を現実に
生かす方法も身に付いた
TSVETKOV Radoslav Tsvetanovさん
国際経営学部 4回生
ブルガリア 出身

私がAPUに入学したのは、英語で講義を受けながら日本語も勉強できる豊かな国際環境が魅力だったからです。高校で専攻した金融分野の学びを深めることも目的でした。講義ではコーポレート・ファイナンスを学び、データ分析に興味を持ちました。そこでゼミでも、収益資産の価値を評価するDCF法を勉強し、企業価値を算出するスキルを身に付けました。学問で得たこれらの能力を実践で生かすため、在学中は様々な課外活動にも挑戦しました。中でも、大学生チームで企業分析の優劣を競うCFA協会リサーチ・チャレンジで、国内決勝ラウンドに進出できたことが印象に残っています。APUでの4年間で、理論や知識、アイデアを実際に形にする主体的思考を養うことができました。今後は、国境を越えて広がるAPUのネットワークと自分の能力を生かして、多くのコミュニティに貢献する金融アナリストになりたいと思います。

2019年のCFA協会リサーチ・チャレンジでは、講義やゼミで習得したデータ分析手法を活用して、株式会社ニチレイの企業調査、分析を実施。これまで培ってきた知識を生かせたと同時に、新しい学びもたくさん得られました。

CFA協会リサーチ・チャレンジ:大学生で構成するチームが、実際に企業分析を業務としているアナリストやその分析を基に株式の投資判断を行っている株式ファンドマネージャーの指導のもと企業分析を行い、その調査・分析内容を競うコンペティションです。