学部・大学院 -faculty & graduate school-
home学部・大学院APU大学院

APU大学院

派遣大学で専門分野を学ぶことを第一目標とする APUの交換留学

2003年に開設されたAPU大学院は、国際化が進む21世紀のグローバル・リーダー養成を使命とし、「アジア太平洋研究科」と「経営管理研究科」を設置しています。
授業はすべて英語で行われており、院生の多くが海外政府機関、企業などから派遣された次代のトップリーダー候補生。
世界の大学ランキング上位に入る大学出身者など、次代の世界をリードする独自の“国際人脈”形成ができます。

アジア太平洋研究科(GSA)

博士前期・後期課程 アジア太平洋学専攻(APS)

これからのアジア太平洋地域のリーダーに求められる要件は、時代の変化によって生じる諸課題の本質を見極め、解決の糸口を導く能力です。研究が複数の学問分野をまたがるアジア太平洋学専攻では、社会や文化を正しく理解し、アジア太平洋地域の発展を支えるリーダーを養成します。

博士前期課程 国際協力政策専攻(ICP)

開発経済・国際行政・環境管理・観光管理の4分野で活躍できる人材の育成を視野に、国際協力を担うために必要な専門性と、多角的なアプローチによる政策形成ができる能力を養います。

取得できる学位
修士(アジア太平洋学)/修士(国際協力政策)/博士(アジア太平洋学)

専攻や課程によって取得できる学位は異なります。

経営管理研究科(GSM)

修士課程 経営管理専攻(MBA)

20世紀に欧米で形成されたマネジメント・スタイルの基本理解の上に立ち、アジア太平洋地域の歴史的・文化的な蓄積が生み出した独自の経済・社会・文化を考慮した「アジア太平洋型マネジメント」の検討を進めます。授業は企業が直面する多様な課題を解決するための専門的講義とケーススタディによる個別事例の対応訓練を柱に少人数クラス・相互議論型で展開します。

取得できる学位
修士(経営管理)

APU大学院生の主な出身大学
日本
東京大学・京都大学・横浜国立大学・早稲田大学・中央大学・政策研究大学院大学・大阪外国語大学・名古屋大学 他

海外
サセックス大学(イギリス)・ワシントン大学(アメリカ)・ミシガン州立大学(アメリカ)・トロント大学(カナダ)・アデレード大学(オーストラリア)・オークランド大学(ニュージーランド)・マラヤ大学(マレーシア)・シンガポール国立大学(シンガポール)・チュラロンコン大学(タイ)・北京大学(中国)・香港大学・台湾大学 他

学部・大学院関連情報
, 学部・大学院関連情報

4 OPEN

APハウス
大学案内・入試ガイド 請求はこちらから