入試情報 -admissions-
home入試情報

教育研究上の目的

(1)APU(学部・大学院共通)

  • ①相互理解の立場でさまざまな国・地域の人々と協力できる国際感覚と国際的視野を身につけた日本人の養成
  • ②日本の高等教育機関で学び、日本を正しく理解し、国際社会で活躍する国際学生の養成
  • ③日本と諸外国の間の友好関係の構築と各国・地域の社会・経済の発展に寄与する人材の養成

(2)学部

①アジア太平洋学部

アジア太平洋学部は、アジア太平洋地域の多様な政治、経済、社会、文化等に関する総合的な理解にたち、国際社会、環境と開発、観光等に関する基礎的および専門的知識を修得し、言語能力、コミュニケーション能力、問題解決能力を涵養し、アジア太平洋地域が直面する多様な諸課題を理解することにより、アジア太平洋地域の持続的発展と共生に貢献できる人材を育成することを目的とする。

②国際経営学部

国際経営学部は、マネジメントに関する基礎的な知識を伝授し、異文化コミュニケーション能力を強化し、文化の多様性を維持することを通じて、グローバル化する企業やその他組織における経営上の諸問題の解決のために活躍する、職業倫理を備えた人材を育成することを目的とする。

本学はこの教育研究上の目的を達成するため、世界各地より特色ある学生の入学を募っています。

アドミッション・ポリシー

立命館アジア太平洋大学はアドミッション・ポリシーを以下の通り定めています。

学部学生は本学に在学中、授業のみならず立命館アジア太平洋大学(APU)という多文化キャンパスが内包するすべての学びの機会を活かし、卒業後に世界に寄与するための知識、スキル、態度を身につけることが望まれる。APUに在学する学部学生はそれぞれがこの多文化キャンパスでの積極的な交流を基に大学コミュニティ構成員全体の学びに対して貢献することが要求される。

このような学びを行うために、APUに入学する学部学生は、以下を有する必要がある。

  • 1)コミュニケーションツールとしての日本語または英語の基本的能力
  • 2)反対言語学習に対する強い意欲と適性
  • 3)大学での学習に必要な基本的知識
  • 4)分析力、想像力、実際的な問題解決能力の適性
  • 5)すべての学びの機会を積極的に活用する意欲
  • 6)多文化環境での共生の適性

さらに、それぞれの学部においては、以下の側面を有する必要がある。

アジア太平洋学部

  • 1)多くの情報を統合し、多角的に物事を考え、それをまとめあげる力
  • 2)アジア太平洋地域の社会文化についての興味・関心
  • 3)21世紀の社会に関する洞察力

国際経営学部

  • 1)ビジネスについての興味・関心
  • 2)高い倫理性を持ち、ビジネスによるアジア太平洋地域の発展に関する関心
  • 3)21世紀の社会に関する洞察力

入学審査においては、上記の能力、知識、適性、意欲を総合的に判断するために、多角的な審査方法を用い、APUにおける学びに適した学部学生を選抜します。

入学基準言語について

APUの教育の特色のひとつが、日本語と英語で授業を開講する「日英二言語教育」です。入学希望者は入学試験への出願時に入学基準言語として「日本語基準」、「英語基準」のいずれかを選択します。入学時には新入生全員が入学基準言語とは反対の言語科目のプレイスメントテストを受け、その結果をもとに、それぞれの能力に応じた適切なレベルから必修言語科目の履修を開始します(3回生入学者を除く)。

<日本語基準>
日本国内の高等学校を卒業した国内学生の大多数は日本語基準で受験し、入学しています。
日本語基準の国内学生は、1〜2回生時は日本語開講の教養科目や専門教育科目を中心に履修します。同時に、言語教育科目「英語」を履修し、英語開講の専門教育科目を履修できる水準を目標に学修し、各々の英語力の伸長に応じて英語開講の履修科目数を段階的に増やしていきます。
日本語基準の国内学生については、出願資格として英語力に関する要件は定めていませんが、入学時における標準的な英語力水準は、TOEFL iBT® TEST 45〜61点程度、TOEIC® L&R TEST 600〜700点程度、IELTS(Academic Module)5.0〜5.5程度、実用英語技能検定2級以上程度です。
なお、日本語基準の国内学生については、英語開講の教養科目もしくは専門教育科目を20単位以上修得することを卒業の要件としています(卒業に必要な単位数:124単位)。

<英語基準>
出願書類の記入から面接などの入試選考をすべて英語で実施します。入学当初から英語開講の教養科目や専門教育科目を履修しますので、中学・高校に相当する課程において英語で教育を受けた方や、英語圏の学校への長期留学を経験した方などに適しています。
英語基準の国内学生については、TOEFL iBT® TEST 61点相当以上のスコアを有すること等を受験時の出願資格としていますが、入学者の標準的な英語力水準は、TOEFL iBT® TEST 80〜100点程度、TOEIC® L&R TEST 800〜900点程度、IELTS(Academic Module)6.0〜6.5程度、実用英語技能検定準1級以上程度です。
なお、英語基準で入学した学生については、言語教育科目「英語」を必須とはしていませんが、選択科目として「英語上級」科目や「専修英語」(ビジネス英語、英語多読、英語プロジェク卜)の履修を認める場合があります。


選択できる入学基準言語は入学方式によって異なります。

募集定員

今年度の各学部の入学定員は、アジア太平洋学部660名、国際経営学部660名です(国際学生入試含む)。

アジア太平洋学部 660名
国際経営学部 660名

APUの入学試験は、4月入学者を選抜する「AO入試」「特別入試」「一般入試」、9月入学者を選抜する「秋期入試」、2回生・3回生から編転入学する「編入学・転入学試験」、国際学生(「留学」ビザ入学者)を選抜する「国際学生入試」の5つのカテゴリーで実施します。すべての入試方式で、受験生のみなさんの個性・学力を最大限に評価します。

国内学生
国際学生
過去のデータ
入試関連情報
日本国籍を持っていない受験生はこちら