入試情報 -admissions-
home入試情報2017年度入試情報 AO入試活動実績アピール方式

優秀者奨学金 修学奨励奨学金

高校時代以降の活動実績と入学後の活動・学修への意欲を評価

中学校卒業後から出願時までに修得した英語能力や海外留学等の国際経験をはじめ、学業、文化、芸術、スポーツ、ボランティアなど、さまざまな分野での活動実績・成果と、入学後の活動意欲や学修意欲を評価します。
入学後の学修および正課外活動の両立を高いレベルで実現することをめざす人はもちろん、活動は継続しなくても、意欲的な取り組みにより培われた能力を活かし、入学後の生活を積極的に進めることのできるみなさんの入学を期待します。

国内学生優秀者育英奨学金」・「国内学生修学奨励奨学金」の対象入試方式です。


募集学部・募集人数

学部 募集人数
APS 50名
APM 30名

APS:アジア太平洋学部、APM:国際経営学部

選考方法

第1次選考

  • 出願書類による審査(「志望理由書」、「活動実績報告書」、「ショートエッセイ」)
選考・評価
のポイント
  • 志望理由書:志望学部への興味・関心、入学後の学修等に対する意欲・熱意、記述の論理性・説得力 など
  • 活動実績報告書:言語能力、コンクール・大会等での活動成果、海外での学習成果、取得資格等の水準
  • ショートエッセイ:教科学修以外の経験
第1次選考合格者

第2次選考

  • 個人面接(約15分)
第1次選考合格者に対して、出願書類に基づく質疑応答を中心をする面接を行います。
面接にはこれまでに取り組んできた活動や取得資格などの活動実績に関するアピールを口頭で行う時間を含みます。
選考・評価
のポイント

入学後の学修および正課外活動を含む学生生活全般への意欲、 応答の的確性、コミュニケーション能力 など

最終合否判定

第1次・第2次選考の内容を総合的に評価し、合格者を決定します。

出願期間・試験日・試験地・合格発表日

募集
区分
出願期間
(最終日消印有効)
第1次選考
結果通知日
第2次(最終)選考 合格発表日
試験日
試験地
第1回 2017年
8月7日(月)~
8月23日(水)
9月8日(金) 9月16日(土) 東京・名古屋・
大阪・福岡・
別府
10月3日(火)
第2回 2017年
9月29日(金)~
10月11日(水)
10月27日(金) 11月4日(土) 東京・大阪・
福岡
11月14日(火)
第3回 2017年
11月24日(金)~
12月6日(水)
2018年
1月9日(火)
1月20日(土) 東京・大阪・
福岡
1月30日(火)
◆第1次選考の結果は、結果通知日の午後に発送します。
◆募集区分が異なれば複数回受験することができます。
◆出願資格を満たしていれば、他の入試方式への併願もできます。ただし、出願書類はそれぞれ必要です。また、出願用封筒は別々としてください。

出願資格

次の1・2の両方に該当し、かつ3・4のいずれかに該当する者。
3と4の資格を両方有する場合は、軸とするいずれか1つを選択してください。

  1. 1.出願学部への入学を希望し、合格した場合には入学する意思を持つ者。
  2. 2.下記①~④のいずれかに該当する者。

    ①  高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2016年1月1日から2018年3月31日までに卒業(修了)または卒業(修了)見込みの者。

    ②  通常の課程による12年の学校教育を2016年1月1日から2018年3月31日までに修了または修了見込みの者。

    ③  国際バカロレア資格、バカロレア資格、アビトゥア資格、GCEAレベル資格を2016年1月1日から2018年3月31日までに取得または取得見込みの者で、2018年3月31日までに18歳に達する者。

    ④  学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、または2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

    2018年3月31日までに18歳に達しない者や、自身の学修歴が出願資格を満たすかどうかわからないといった場合は、アドミッションズ・オフィスにお問い合わせください。

  3. 3.【カテゴリーA (英語能力・留学経験 アピール)】
    次の①~③のいずれかに該当する者。
    ①  英語能力に関して、TOEFL iBT® TEST 42点相当以上のスコアを持つ者。
    ※ 本学が「TOEFL iBT® TEST 42点」に相当すると認めているスコア・資格は以下の通りです。
    TOEIC® L&R TEST 550点、TOEIC® L&R TESTとTOEIC® S&W TESTの合計790点、IELTS(Academic Module)4.0、英検(実用英語技能検定)2級、TEAP(4技能)226点、TEAP(2技能)108点、GTEC-CBT1000点、GTEC for STUDENTS675点、TOEFL Junior® Comprehensive TEST 322点、TOEFL Junior® Standard TEST 745点、ケンブリッジ英検140点
    ※ TOEFL ITP® TEST、IELTS(General Training Module)、TOEIC® L&R TEST(IP)は、出願資格を満たす試験として認められません。
    ※ 英語能力に関する試験結果は、証明書に記載された受験日が、2015年4月1日以降のものを有効とします。

    ②  International Baccalaureate (IB) のディプロマを英語で取得もしくは取得見込みの者。

    ③  外国における高等学校に相当する課程で、正規の教育制度に基づき通算3ヶ月以上の教育を受けた者。
    ※文部科学大臣認定等在外教育施設での修学は対象外です。

  4. 4.【カテゴリーB (言語・学芸・社会活動・スポーツ等 アピール)】
    中学卒業後から出願時までの諸活動において優れた実績を持つ者*1で、高等学校の評定平均値が5段階で3.5以上の者*2。
    *1 「活動実績評価の目安」を参照してください。
    *2 卒業見込みの者は、高等学校の第1学年から第3学年1学期(2学期制の学校の場合は直近の学期)までの全体の評定平均値、既卒者は高等学校3年間全体の評定平均値とします。
    なお、高等学校卒業程度認定試験合格の者(および大学入学資格検定試験合格者)や日本以外の高等学校またはこれに相当すると認められる教育機関(インターナショナルスクールなど)を卒業または卒業見込みの者は成績要件が不要です。ただし、高等学校に相当する課程で、日本と日本国外の両方の高等学校に在籍した者は、日本の高等学校の評定平均値が3.5以上必要です。

活動実績評価の目安

下表を参考に、中学卒業以降の活動実績を証明する書類を提出してください。出願するカテゴリー以外の活動実績もアピールすることが可能です。提出された活動実績はすべて評価します(ただし、同じ分野での評価は1つとします)。

分野 本学が入学者に求める活動実績・成果の水準(目安)
英語関連資格 TOEFL iBT® TEST 61点程度(TOEIC® L&R TEST 700点、IELTS(Academic Module)5.5、英検準1級、GTEC-CBT 1164点、GTEC for STUDENTS 780点、TEAP(R+Lの合計)144点、ケンブリッジ英検 153点等)
言語
  • ・【中国語】中国語検定4級、実用中国語技能検定4級、HSK2級
  • 【韓国語】韓国語能力検定2級、「ハングル」能力検定4級
  • 【スペイン語】スペイン語技能検定4級
  • 【上記以外の言語】スピーチコンテスト参加
学業
  • ・IB Diploma保持者
  • ・IBプログラムの上級コース(HL)科目における優秀な学業成績・成果
留学経験
  • ・3ヶ月以上の海外留学経験および留学先での優秀な学業成績・成果
生徒会活動
ボランティア
自主活動等
  • ・生徒会(会長・副会長等執行部)の活動や、社会的に注目・評価を得た(新聞に掲載された等)、その他社会的な活動(ボランティア等)
  • ・「日本の次世代リーダー養成塾」等、高校生対象の人材育成プログラムへの参加実績
  • ・高校生を対象とする弁論・スピーチ、ビジネスプラン、課題学習等各種コンテストでの入賞歴
文化・芸術
  • ・都道府県大会レベル以上のコンクール・コンテストへの出場経験、およびその成果
    活動分野は特に限定しません
スポーツ
  • ・都道府県大会レベル以上の試合・競技会等への選手(競技者)またはチームマネージャー等としての出場経験、およびその成果
    種目は特に限定しません
学術
  • ・社会的に注目・評価を得た学術分野の諸活動における取り組みやその成果
各種資格等
  • ・基本情報技術者試験合格、日商簿記2級以上
  • ・2年以上の公文式学習履歴があり、公文認定テストの高校基礎課程テスト(または最終教材修了テスト)に英語を含む2教科以上に合格
日本国籍を持っていない受験生はこちら