大学案内 -academics-
home大学案内Q&A 日英二言語教育

Q&A 日英二言語教育

日英二言語教育とは何ですか?

APUでは、授業を日本語と英語で開講しています。 例えば、日本語で開講される「国際社会学」という授業があれば、英語で開講される「国際社会学」という授業もあり、そのどちらを受講するかは各自で選択することができます。
なお、全授業の約90%が日本語と英語の双方で開講されています。

日本語基準と英語基準の違いは何ですか?

言語基準とは、入学時のベースとなる言語のことです。APUに入学する資格は、「英語もしくは日本語で授業が受けられる言語能力」です。したがって、入学後のガイダンスなどは、言語基準によって、日本語と英語の2つの言語に分かれて実施されます。
なお、日本語基準で入学したからといって、英語開講の授業を履修できないわけではありません。

英語の授業と英語開講の授業の違いは何ですか?

英語の授業は、言語能力向上を目的とした、言語の授業です。
一方、英語開講の授業は、専門の科目を英語を使用して教える授業のことです。

英語開講の授業を受けるには、どの程度の英語力が必要ですか?

TOEFL(R)500点程度が目安になります。英語準上級以上が英語開講科目の履修条件となっているため、まずは英語を学ぶ「英語科目」で英語力をしっかりと身につけてください。