大学案内 -academics-
home大学案内アジア太平洋言語

アジア太平洋言語

アジア太平洋地域での交流や活躍へ 高度なアジア太平洋言語を習得

英語以外にも中国語や韓国語、マレー語・インドネシア語、スペイン語、タイ語、ベトナム語の6言語を、入門レベルから上級レベルまで学習できる「アジア太平洋言語(AP言語)」教育科目を設けています。授業の他、APUにはこれらの言語を母語とする国際学生や教員も身近に存在するため、彼らとの積極的なコミュニケーションを通じて、高度なAP言語運用能力を身につけることも可能です。

英語準中級以上が履修条件です。

海外集中言語研修(イマージョン)プログラム

学内で学ぶだけではなく、現地で学習して、さらなる語学力アップをめざすプログラムです。アジア太平洋言語(AP言語)として、6言語を学ぶことができ、プログラムによっては単位認定が可能です。学内で前もって該当言語を学んでおく必要があるものと、初心者でも参加できるものがあります。

実施例
英語 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(アメリカ)、オークランド大学(ニュージーランド)、西オーストラリア大学(オーストラリア)、アデレード大学(オーストラリア)、クイーンズランド工科大学(オーストラリア)
中国語 東北財経大学、北京言語大学(中国)
韓国語 高麗大学(韓国)
ベトナム語 ホーチミン市国家大学(ベトナム)
マレー語・
インドネシア語
STBA LIA外国語大学(インドネシア)
スペイン語 メキシコ国立自治大学(メキシコ)